冷却液が漏れるとどうなる?冷却水の交換時期は?

オーバーヒートを起こし、エンジンにダメージを与えることになります!水温の異常が確認できたら、すぐにエンジンを止めて走行を続けないでください。

エンジンが異常高温になると、その症状は第一に水温計に現れます。水温計の針がHマークに至らない範囲であっても、Hマーク手前の目盛り付近まで水温が上がっているような場合はオーバーヒート気味です。

overheat

冷却液とは?

冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)は、名前の通り、エンジン内部を冷やすものとして必要不可欠なものです。

冷却液が不足すると正常に冷却されなくなり、エンジンが異常高温になってしまいます。

・冷却液に求められる性能

ひとつは、不凍性です。クルマは、冬季の寒冷地での使用で、氷点下の温度にさらされます。その時に冷却液が凍ってしまうと、体積が膨張してラジエター内部やエンジンの破損につながります。

 

2つめは、防錆性です。冷却液は、エンジン内を循環しています。仮に冷却液が真水ですと、冷却液が循環する部分で使われている金属部品が錆びて循環を妨げ、冷却効果を低下させてしまいます。

 

この不凍性と防錆性を兼ね備えたものがロング・ライフ・クーラント(LLC)です。市販されているLLCには、水で薄めて使用する原液タイプと、あらかじめ濃度調整されていて、そのまま使用できるものがあります。濃度が適正でないと十分に性能が発揮されないので、ラジエターに入れる前に確認が必要です。


・交換時期

冷却水の交換時期ですが、2~3年を目安に交換してください。また、その時にラジエーターのキャップの交換もお勧めします。ラジエータキャップはただのフタの役目だけでなく、圧抜きの役割もしているため、ここにトラブルをかかえると、すぐにクーラント・リザーブタンクに液が吹き返したりなど、循環機能に支障がでてきます。ラジエータキャップの圧力測定をする事もできますが、あまり高い部品ではないので、ついでに交換してもいいと思います。クーラントや冷却関係の点検は車検時の点検項目としてありますが、車検の無いクラスのバイクは特にこれらの交換にも気を配ってください。

クーラント液の交換作業はエンジンが冷えている時に行なうのが基本です。エンジンが熱を持っている時にこれらの作業を行なうと、大やけどの元になります。それに単に入れ替えをするだけでなく、エア抜きの作業も同時に行なうので、きちんとした経験、知識が無い場合はショップにまかせましょう。クーラント液は有害ですので決してそのまま捨てるのもやめてください。

★クーラントの漏れ止めにおすすめ

・ラジエータからの漏れ

RP-31186 液体アルミニウム冷却系ラジエーター&ヒーターコアストップリーク剤

・ヘッドガスケットからの漏れ

RP-31111ヘッドガスケットフィックス