RP-34650 パワーステアリングリペア

RP-34650 パワーステアリングリペア

34650 JPG使用量:2.5Lに1本の割合で注入

容量:500ml

1箱本数:4

関税コード:3811.21.0000

効果:漏れ止め、補修、異音除去

※HONDA(アキュラ)&ドイツ車などにも対応できます。

製品説明

パワーステアリングリペアは、多くの共通パワーステアリング液体に関連する問題を改善させるための高性能の添加剤配合を含む独特な2本立てのボトル製品です。高い修理代を支払う前に、ほとんどの自動車にとっての最終の良い機会です。石油、鉱物油、そして合成油を含むあらゆる国外産と強力型のパワーステアリング液体に適用します。基準の油量まで1本のあり合いで注入してください。パワーステアリングの発生した問題によって、効果がすぐに出る場合もあり、160㌔の走行後出る場合もあります。

あらゆるパワーステアリング構成部品の中に共通の構成部分は液体です。液体はポンプ、ギアボックス、ラック&ピニオンのすべての内部品に触れます。液体はシステムの機能を果たすため、円滑的に、クールに、綺麗に及び加圧にならければいけません。最新のシステムに対し、パワーステアリング液体はそれらの機能をすぐに果たすことができますが、経年劣化のシステムに対しては、その液体だけでその機能を果たすことができません。内部のポンプがクンクン鳴き、バルブスティック、シールリークそして液体が早く衰えることなどあります。パワーステアリングリペアはそれらの問題を改善させて予防し、またパワーステアリングシステムの機能を高めます。

使用方法

パワーステアリング液を追加する場合

1.パワーステアリングのオイルゲージを抜き出して油量を計る目盛りを確認してください。

   ヒント: オイルゲージはほとんどの自動車に対し、ベルト駆動パワー  

        ステアリングのポンプの中に/近くに基本的にあります。

2.油量が少なくなった場合は、リザーバに2本立てのボトルから同じ量を注入してください。いっぱいにならないようにご注意ください。

   ヒント: 必要な場合はいっぱいにならないようにリザーバから少し

        パワーステアリング液体を排出させてください。

3.油量を再び確認してください。必要な場合はメーカーがおすすめのトランスミッションオイルと一緒に注入してください。
4.オイルゲージを差し戻します。5~10分間で液体を循環させてください。
5.パワーステアリングの発生した問題によって、効果が直ぐに出る場合もあり、160km走行後出る場合もあります。
6.ひどい傷害性のパワーステアリングシステムに対し、パワーステアリングを修理する必要があります。この場合はパワーステアリング液体を交換した上、パワーステアリングリペアを加えるようにお勧めします。
 

▼お取扱店

toriatukai

▼お近くに取扱い店がない場合は、ネットショップ「THE LEAK」でも販売中!

THE LEAK

RP-34629 パワーステアリングストップリーク剤

RP-34629 パワーステアリングストップリーク剤

34629 JPG   

Oリング&シールを復元させてステアリングオイル漏れを止め予防します。      

使用量:2.5Lに1本の割合で注入。

容量:325ml

1箱本数:6

関税コード:3811.21.0000

効果:漏れ止め

製品説明

Rislone® Power Steering Stop Leak Concentrate(リスローンパワーステアリングストップリーク剤)はシールとO‐リングにおけるオイル漏れを止めるために特別に開発された商品です。

ラック&ピニオン・ユニット、ギアボックスそしてポンプに適用します。パワーステアリング・シールを柔軟にさせながら、しなやかに保ちます。非腐食性、非発泡性そして目詰まりがありません。

石油、鉱物油、合成油そしてATF 自動車パワーステアリング液体を含むあらゆる国外産と強力型のパワーステアリングの液体に適応します。

•ステアリング液体の漏れを止め、密封します。
•ステアリングの漏れを予防するため、O-リングとシールを復元させます。

使用方法

1.パワーステアリング液体を交換する際に、パワーステアリングタンクに1本の割合で注入してください。いっぱいにならないように気をつけてください。
 
2.添加後、通常約400km以上走行したら、漏れが止まります。
 
3.漏れが止まらない場合は、パワーステアリングを修理する必要があります。

添加量

約2.5ℓまでの液体に1本の割合でご注入ください。
大きな系統に対し、2.5ℓ容積につき1本の割合でご注入ください。

 

使用実例

情報提供先: S社自動車整備工場

車種:プジョー407 年式:2007年

症状:パワステ圧力スイッチの辺りからオイル漏れ

漏れ程度: じんわりにじみ出ている

使用結果: Risloneパワステストップリーク剤を入れてから、いつも同じように走行。約1週間が経過すると、漏れが止まったとのこと。      

▼お取扱店

toriatukai

▼お近くに取扱い店がない場合は、ネットショップ「THE LEAK」でも販売中!

THE LEAK