RP-61110 ヘッドガスケットフィックス(ヘッドガスケット抜け)

RP-61110 ヘッドガスケットフィックス(旧品番:RP-31111)

▼使用量:普通車、軽自動車(冷却水量3~5ℓ)に対しては1/2本の割合で添加下さい。
大型車、トラック、バス(冷却水量5~12ℓ)に対して1本の割合で添加下さい。
それ以上の冷却水量の車両に対しては、冷却水量12ℓに対して1本の割合で添加下さい。

▼容量:624g

▼1箱本数:4本

 

この商品はヘッドガスケットクーラント漏れを止めるための最も簡単な方法です。ワンストップのフォーミュラは、裂け目と割れ目からの漏れを永久に止めるための様々な大きさのガスケットシール微粒子とシール液の組み合わせを含みます。

特徴

シール液の配合と様々な大きさのガスケットシール微粒子を含み、裂け目と割れ目から漏れを簡単に永久に止める。

ヘッドガスケット、シリンダーヘッド、インテークガスケット、ひびの入ったブロックそして凍結プラグを含む補修が可能。

従来型の緑or青(シリケートをベースとして)とエキステンド・ライフ赤/オレンジor黄色(OAT/HOAT)不凍液を含むあらゆる不凍液種類に使用可能。

製品説明

Rislone® Head Gasket Fix(リスローンヘッドガスケットフィックス) はヘッドガスケットクーラント漏れを止めるための最も簡単な方法です。冷却システムからクーラント液を排出させる必要はありません。この配合処方はギャップ&クラックを予防し、漏れを永久に止めるためのナトリウム、珪酸塩封液と互換性のある不凍液の組み合わせと様々な大きさのガスケット封着粒子状物質を含みます。

内部の燃焼室における熱の働きで実際のヘッドガスケットシールより、触媒剤のように粒子状物質を恒久的に硬化させ、より強くさせます。約20分間でアイドリングしながら、オーバーヒート又は冷却液の追加必要などの問題を起こさなければ、ご使用の自動車はこの商品の対象となります。あらゆる水冷却のガソリンとディゼールエンジンに適応します。耐久型の配合処方はあらゆるエンジン冷却系統の漏れを密封するとともに、アルミニウム製と鋳鉄製のヘッド&ブロックに強い効き目があって従来型のストップリーク剤より使用効果が高いです。これはヘッドガスケット、シリンダーヘッド、インテークガスケット、ひびの入ったブロックとフリーズプラグなどの問題を解決するのに役立ちます。従来型の緑or青(シリケートをベースとして)とエキステンド・ライフ赤/オレンジor黄色(OAT/HOAT)不凍液を含むあらゆる不凍液種類に適応します。

使用方法

注意: ご使用の前に、冷却系統内が汚れていたり、部分的に詰まっていたりする場合は綺麗に洗浄する必要があります。必ず不凍液を新しく交換した上、この商品をご使用ください。

以下の車両には使用しないでください。
冷却系統がサビや汚れにより細くなっている場合は、冷却系統が閉塞する恐れがあります。使用しないでください。

危険:  高温になっているエンジンまたはエンジンをかけたままの際に冷却系統を開けて、この商品を注入しますと、酷い火傷を引き起こす可能性があります。

1.エンジンが冷えてからご使用下さい。
2.ヘッドガスケットフィックスをよく振ってから、ラジェターに直接に注入してください。5ℓ以下の冷却系統の場合は、1/2(半分)をご注入ください。

例えばエアコンなしの4気筒のシリンダーなど。

TIP:ラジェターに直接に注入できない場合、オーバーフロータンクに注入します。

3.ラジェターとオーバーフロータンクに適切な量をご注入の上、キャップを締めてください。
4.オーバーフロータンクに注入後、15分間のアイドリングをしてください。
5.冷却系統を予防し、保護するため、注入されたヘッドガスケットフィックスを冷却系統に残したままにしておきます。

添加量

3~5ℓまでの冷却性能に1/2本(312ml)をご注入ください。
5~12ℓまでの冷却性能に1本をご注入ください。
大きなシステムに対しては、12ℓにつき1本をご注入ください。

冷却システムの目的

エネルギーの約1/3は車両を推進するために使用可能な力に変換され、エネルギーの1/3は排気システムから排出され、残りの1/3は冷却システムによって排出されます。

※ ASTM D3147試験

エンジン冷却のストップリーク添加剤においての試験に対する基準試験法です。

この試験法は実際にエンジン冷却システムに使用する代わりに、漏れ止め原料の予備的な評価のためのスクリーニング法でカバーされています。

試験実行 ゴム質 微粒子 画面寸法 丸穴 細長い ロス
使用前 使用後 使用前 使用後 mm mm mm mL
1 No No Yes No 0.76 0.76 0.38 1350

この試験の結果により、リスローンヘッドガスケットフィックスを使用し、漏れサイズ、0.76mm丸穴と0.38mm細長い穴にうまく密封することができたことを証明されました。

※使用実例

情報提供先: DIY お客様

車種: BMW 328is

年式: 1997年

症状: ヘッドガスケットからの漏れ/白煙

漏れ程度: 中漏れ

使用結果: Risloneヘッドガスケットフィックスを入れてから、ヘッドガスケットから漏れがピタリと止まり、排気からの白煙もなくなった。現在も新しい車のように走り続けている。

ヘッドガスケット漏れ診断 品番:LLJ-75500

75500.fwオーバーヒートの原因判定として厄介なヘッドの歪みやガスケットの不良。

分解せずにいろで解かりやすく原因を追究することができます。

トラブルシューティング

ヘッドガスケットフィックスの使用前には、クーラント液の入れ替えをお願いします。
これは、冷却回路内の水垢やサビなどの汚れを取り除くために必要です。
冷却水が通る回路に水垢やサビなどの汚れがある場合は、回路内部の水が通る道が狭くなっているため詰まる恐れがあります。
出来れば、交換したクーラント液がきれいな状態になるまで内部を洗浄して頂くほうがより安全です。
また、規定の添加割合以上に添加することもオススメしません。
たくさん入れると効果が高くなるわけでなく、余分な成分が液中に増えるため詰まる危険性が増加します。
規定の添加割合を守ってください。
クーラント液の交換に関しては、クーラント液の取扱説明書通りに使用することをオススメします。

■関連記事

【使用実例】ヘッドガスケットに効果あり!ウォーターポンプのシール部より漏れをストップ!

▼お取扱店

toriatukai

▼お近くに取扱い店がない場合は、ネットショップ「THE LEAK」でも販売中!

THE LEAK