RP-61040 リアメインシールリペア(リアシール漏れ、クランクシャフトシール漏れ)

RP-61040 リアメインシールリペア(リアシール漏れ、クランクシャフトシール漏れ)(旧品番:RP-34240)

リアシール、クランクシャフトシール漏れを密封するめたに特別に開発された商品です。またあらゆる他の独創性のないストップリーク剤より効き目が強いです。この商品はタペットカバーパッキン、Oリング及び他のシールとガスケットにおけるオイル漏れによく効きます。

▼使用量 4~6Lに1本の割合
▼容量:500ml
▼1箱:6本入り

製品説明

rearseal

ほとんどのリアシールの漏れはクランクシャフトシールにおける自然損耗に伴い、メインシールが収縮されたり、過熱されたり、乾燥されたりすることによって発生されます。Rislone® Rear Main Seal Repair Concentrate(リスローンリアメインシールリペア)はシールの状態と性能を新しいシールのように復元させます。また添加剤を含んで、ひどく摩耗されたクランクシャフト&シールにおいての漏れを止めることができます。従来のオイル、ハイマイレージと合成のエンジンオイルを使用するあらゆるガソリンとディーゼルエンジンに適応します。

•自動車エンジンオイルの漏れを止めます。
•タペットカバー、カムシール、リアメインシールそしてその他の激しいエンジンオイルの漏れを密封することができます。
リアメインシールの漏れを密封するために特別に開発された製品です。またタペットカバー、シール、カムシール、O-リングそしてその他のガスケットを含むエンジン漏れに関し、市販にある従来式のストップリーク剤より強い効き目があります。

使用方法

1.オイルを交換する際に、エンジンクランクケースにリアメインシールリペアを1本の割合で注入してください。いっぱいにならないように気をつけてください。
2.添加後、通常約160km走行したら、ほとんどのエンジン漏れが止まります。
3.エンジンの漏れを予防するには、オイルの交換または9,600km走行につき、リアメインシールリペアを1本の割合で添加してください。

添加量

約3.7~5.7ℓまでのエンジンオイルに1本の割合で注入してください。
大きな系統に対し、4.7ℓ容積につき1本の割合で注入してください。

リアメインシール種類

ロープシール

○ ウィックシールとも呼びます

ツーピースシール

○ ネオプレン 又は 天然ゴムとも呼びます

○ シリコーン

ワンピースシール

○ ネオプレン 又は 天然ゴムとも呼びます

○ NBR(アクリロニトリルブタジエンゴム) 又は ブナN(ニトリル)

○ シリコーン

○ PA(プロトアクチニウム) 又は ポリアクリル酸塩

○ バイトん 又は フッ素エラストマ

最新レビュー

投稿者 平蔵 投稿日 2015/4/29

Amazonで購入

ホンダフィットのエンジンリアシールからのオイル漏れ、まずホンダディーラーでエンジン下ろさないと直りませんと言われ、次にここ5年ほどお世話になっているトヨタディーラへ、ここもエンジン下ろしてCVTと切り離さないと直りません、このままではトヨタディーラ店としては車検を通す事は出来ませんと断られ、次に町の自動車屋さんで見てもらったが、エンジン下ろさないと修理出来ません、と言われもうダメか、走行距離はまだ7万km余りなのに。ダメ元でオイル漏れ防止の添加剤を入れて見ることに、最初に使ったのは「多走行車用」のシール軟化剤の入った物、結論は効果無し。次にアメリカの有名な各種添加剤などを販売しているメーカーのストップリーク、添加後エンジンの下に新聞紙を敷いて漏れの状況を4ヶ月毎日観察して様子を見たが結果は効果無しで漏れ止まらず。車検は迫ってくるし焦りました、国産品の6000円余りで販売されて居る物も有るようですがコレも一般のオイル漏れ対応の様で、エンジンのリアシールの漏れ対策には効果に疑問あり、やっと見つけたのがこの「リスローンリアメインシールリペア」 この商品は名前の通りリアシールの漏れ防止を表看板にしている。発売元のホームページ見てもオイルの滲み程度でなく「ポタポタ漏れている状態でも止まる」と出ている、もうコレしか無い、コレがダメならエンジン下ろしてシール交換するしか車検受かる道は無いのかと思い、文字通り「藁にもすがる思い」で購入、エンジンオイルに添加後毎日祈る思いでエンジン部分の下に敷いた新聞紙をチェック、60km程走行した頃から漏れが減少、現在90km程の走行ですが漏れは全くなし、毎日下に敷いた新聞紙をチェックするのが楽しみになってきました。これで車検OKです。リアシールからの漏れに困っている方、エンジン下ろす前に試してみて下さい。

使用実績

情報提供先: DIY お客様
車種: トヨタ RAV4
年式: 1996年
症状: リアメインシールからの漏れ
漏れ程度: 中漏れ
使用結果: Risloneリアメインシールを入れてから、約420㌔を走行し、オイル漏れが止まった。エンジン不具合も発生しなかったとのこと。

 

▼お取扱店

toriatukai

▼お近くに取扱い店がない場合は、ネットショップ「THE LEAK」でも販売中!

THE LEAK